観光バスの種類

みなさんは、観光バスにはいろいろな種類があるのをご存知ですか?
ごく一般的には左右2列ずつの4列シートのものを思い浮かべますよね。
現行ではこのタイプがやはり一番スタンダードで台数も多くなっています。
しかしながらどうしても狭い、窮屈だ、というイメージは拭えません。
それを払拭すべく登場したのが1列シートが3列、または片側2列+反対側1列の計3列シートのデラックスタイプのバスです。
たいていこういったタイプのバスは前後にもゆとりがあり、ゆったりリクライニングできたり足をのせる台がついていたりします。
また、車内ではおしぼりサービスや、淹れ立てコーヒーサービスなどが付随していたりもします。
飛行機でいえばビジネスクラスとはいかないまでも、国内線のスーパーシート的な位置付けになるでしょう。
そしてもう一つ、窮屈さ以外にバスを敬遠したくなる大きな理由として、トイレの問題があります。
通常はサービスエリアやドライブインなどで済ませることになりますが、いつでも行ける訳ではないというのは子ども連れや高齢者の方には大きなプレッシャーとなります。
そんな不安をお持ちの方にはトイレ付きバスがあります。
個人的には観光バスのすべてにトイレが付いていてもいいのに…と思っておりますが、コスト面で難しいのでしょうか、あまり多くはないようです。
その他にも眺めのよい高床バスや二階建てバス、屋根無しのオープンバス等様々なバスがあります。
変わったところでは山中湖を走る水陸両用バスなんていうものもあります。
お出かけ前にはぜひバス情報もチェックされることをおすすめします。
Copyright (C)2017案外快適?!ツアーバスで旅にでよう.All rights reserved.